太陽光発電が注目されている理由とは

東日本大震災による福島原発の事故以来、電力の供給量が激減し、需給がひっ迫しています。そのため節電が今や当たり前のムードになっていますが、一方で原発に頼らない新たな電力の供給源の開発が叫ばれています。

 

その中の一つが太陽光発電ですが、安全安心であるということと、二酸化炭素を発生しないのでクリーンであることから注目度はナンバーワンと言っていいでしょう。太陽光発電とはどのような仕組みになっているか、そのカギは太陽電池にあります。

 

中身はシリコンなどの半導体ですが、太陽の光を吸収すると電気に変える働きをしてくれるのです。光が強ければ強いほど発電能力は高まります。一つ一つの電池が造る電気の量は大したことはありませんが、これがたくさん集まると大きなエネルギーとなるのです。今、太陽から降り注ぐ光のエネルギーは100%が使われている訳ではありません。

 

約30%は反射により宇宙への彼方へ消えてしまい、残り23%は海に蓄積されるといいます。それから光合成などで使われるのは0.02%に過ぎず、残りは地表で熱となっているそうです。この熱を使わない手はないというのが太陽光発電の考え方の基礎となっているのです。

 

特に日本は資源がなく、石油は石炭、天然ガスなどは外国からの輸入に頼っていますが、それらはいつか枯渇してしまうものです。ならば今の内に、対策を講じなくてはなりません。そのためにはただで降り注いでくれる太陽の熱エネルギーを活用することが合理的です。

 

なんたって無尽蔵にある訳だから。それと太陽電池の原料になるシリコンは豊富にあり、枯渇する心配はないということも、太陽光発電には強い追い風となっています。クリーンで安心安全な電気を生む太陽光発電、大いに期待したいものです。

 

太陽光発電のメリットとデメリット

新たな電力の供給源として注目されている太陽光発電ですが、どんなメリットがあるのか、逆にデメリットは何かを検証してみたいと思います。先ずメリットですが、真っ先に揚げたいのは、クリーンなエネルギーであるということです。

 

火力発電とは違い化石燃料を使わないので、二酸化炭素を発生させないというのがその理由です。2番目のメリットは太陽の光は際限なく降り注いでくれて、枯渇しないということです。

 

太陽が爆発したらお終いだと心配する向きもありましょうが、後50万年は大丈夫だと言われています。3番目は太陽光発電の場所は何処でも可能だということです。ご承知の通り一般家庭の屋根から、最近では使わなくなった田んぼなどや空き地、大規模な工場跡地など、見渡せばいくらでもあります。

 

太陽光パネルを設置するだけだから、込み入った工事も必要ないというのもメリットでしょう。それにシンプル構造だからメンテナンスも簡単で、太陽電池も耐用年数が20年というのもメリットといえます。更に、設置する際に補助金制度が活用できるということや、余剰電力を買い取ってくれる制度が活用できるというのも、大きなメリットといえます。

 

一方、デメリットは発電効率が他の発電と比較して割高であるということです。夜間は発電できず昼間でも天候に左右さるというのが、その理由です。それから設置面積当たりの発電量が低いということもデメリットかと思われます。

 

以上が太陽光発電に関するメリットとデメリットですが、どちらも最もだと思う事ばかりです。でも、今の日本に求められているのは、安全安心そしてクリーンを最優先するということではないでしょうか。

太陽光一括見積もりサイト

 

太陽光発電ナビ | 太陽光発電システム一括見積り

太陽光発電一括見積り最安値を見つけませんか?

 

太陽光発電システム販売業者より最大5社の見積もりを一括でお届けいたします。
簡単手続きでわずか1分でお見積もりが依頼できます。

 

 

無料見積もりはこちらから

見積費用

対応エリア

評価

無料 全国 太陽光,発電,余剰,電力,買取,制度,正しく,理解